高卒の学歴コンプレックスって地味に辛いですよね。

「自信が欲しい」
「見下されているんじゃないか」
「肩身が狭い」
「惨めで恥ずかしい」
「どうして大学に行かなかったのか後悔」
「知識のブランクがあると感じる」
「何をやってもバカにされた気持ちになる」
「貧乏だと思われているんじゃ」
「怠け者のレッテルをはられているんじゃ」

こんなことを思ったことはありませんか?

学歴の話題が出るたびに気持ちが憂鬱になって、「俺(私)には話を振らないでくれ!」と心から思うものです。

実際に話題を振られて正直に答えたときの反応といったら…。

かといって曖昧に答えても「あ、大学出てないんだ…。」何となく相手も察して気を使われたりするし、あからさまに見下してくる人もいる。

「社会人になれば学歴なんて関係ない、仕事ができるかどうかがすべてだ!」という人もいて、それは間違っていないと思うのですが、それでも学歴で判断してくる厄介な人たちも一定数いることも確かです。

この記事では、高卒の学歴のコンプレックスの克服方法を解説していきたいと思います。

学歴コンプレックスを指摘する人を避ける

第一のポイントとして、学歴のことをとやかく言ってくる人はとにかく避けましょう。

物理的な距離を置いたり、喋らないようにしたりといった工夫をしましょう。

仕事関係の人で関わらざるを得ない人なら、できるだけ近くに行かないようにしたり、学歴の話題のときだけ無視したりしましょう。

こういった人たちはあなたが反応するのが楽しくて指摘してくるのです。

ですから無反応を続ければ相手はちっとも楽しくはなく、いずれ飽きてしまうでしょう。

また、同じ土俵で戦わないという方法も有効です。

先ほど距離の話をしましたが、もっと距離を離してしまうのも手です。

具体的に言うと職場を変えるのです。

異動だったり転職だったりフリーランスや自営業、独立起業だったりといった、その職場から離れてしまうのです。

そうすれば、その人とはこれからの人生で一切関わらなくなります。

同じ土俵で戦わないというのは非常に有効です。

学歴コンプレックスを指摘する人を心の中で見下す

どうしても距離を取れない、無視できない相手なら心の中で見下してみましょう。

「こいつ高卒だよ」などと言ってくる人は、実はコンプレックスの塊だったりします。

また、人間性にも問題があって実は嫌われていたり、友達がいなかったり、家族に恵まれていなかったりといった何かしら問題があるものです。

ですから、自分よりも弱い(高卒等の学歴が低い)相手を選んでバカにしてくるのです。

だから、こういったさもしい人間を見下してあげるといいでしょう。

「高卒を馬鹿にしてくるけど、きっと人間性は悪くて友達いないんだろうなー」
「学歴以外誇れるものがないんだろうな」
「学歴のことばかり言うけど肝心な仕事はできないじゃん、今の評価は仕事でしょ」

そうやって思えば心は少し軽くなるはずです。

自分の自信をつける

学歴コンプレックスを指摘する人との付き合い方がわかったところで、自分自身のコンプレックスを解消しましょう。

学歴コンプレックスには外部と内部の原因があります。

先ほど解説したように、周りからとやかく言われたりすること、もう一つは自分を卑下して自分自身を責めてしまったり、自信をなくしてしまったりすることです。

ここからは自分自身との向き合い方などを解説していきたいと思います。

大卒と肩を並べて働ける職場に就職できたのは偉い

まず、あなたは大卒と肩を並べて働ける職場に就職できたのは偉いです。

待遇などには差はあるかもしれませんが、同じ職場で同じ仕事ができるというのはとてもすごいことなのです。

最初にそのことについて誇りを持ってください。

高卒をバカにしてくる人はそれが気に入らないのかもしれません。

「大学まで出てなんで高卒と仕事をしなきゃいけないんだ」

そんなふうに思っているかもしれません。

ですが、逆に「高卒なのに大卒と一緒に同じ仕事をしている俺(私)すげー」と思って堂々と仕事をしましょう。

採用されたということはあなたの会社の上司や人事、または社長に認められているということですから自信を持つべきなのです。

評価するのは学歴をバカにしてくる人ではなくあなたの上司です。

仕事で見返してあげましょう。

教養は独学でも身につけられる

教養がないと思って自分を卑下してしまうこともありますよね。

確かに大卒の人は受験勉強してきたし、大学で4年間勉強してきたわけですから、教養はあります。

しかしあなたもこれから教養を身につけることは可能です。

受験や大学の勉強は社会で役立つことは少ないですから、役に立つ教養を身に着けていった方が遥かに知識人として一目を置かれます。

したがって本屋さんで社会人用の教養の本を何冊か買ってきて勉強してみましょう。

自分自身に自信がつくし、とっさの会話で知識を披露できるかもしれませんよ。

何か一つのことをやり抜いてみる

何か一つのことをやり抜いてみることも自信をつける方法として有効です。

大卒の人は受験勉強という一つのことをやり抜いています。

だから自信があるといってもいいかもしれません。

ですからあなたもこれから何か難しいことに一つチャレンジしてみましょう。

たとえば資格は仕事のスキルアップにもなって一石二鳥です。

社会で生き抜くたくましさを身につける

社会人人生で頼れるは自分自身で、最終的に何かを決めたり解決できるのも自分です。

ですから社会で生き抜くたくましさを身につけるのは有効な手段です。

重複してしまいますが方法はいくつかあります。

コンプレックスは誰にでもある

まず、コンプレックスは誰にでもあることを知っておいてください。

あなたの場合は学歴ですが、他の人は身長だったり容姿だったり、仕事ができない、収入面、人間関係などのコンプレックスを抱いているものです。

そして意外なコンプレックスを抱いているのも事実です。

例えば、学歴を気にしないという人にとっては学歴コンプレックスは意外ですよね。

他にも身長が170cmある男性が身長コンプレックスだったらちょっと疑問ですよね。

気にしなくてもいい程度の身長だと思います。

でも170cmの男性でも身長がコンプレックスだったりします。

だから意外なことがコンプレックスだったりするのです。

このようにコンプレックスはあなただけが抱いているものではなく、誰しもが持っているものと考えてください。

大卒でもコンプレックスを抱いている

そして大卒でもコンプレックスを抱いています。

というのも大学にもランクがあり上には上がいるためです。

そういった序列で勝てないがために高卒のあなたを攻撃してくるのかもしれませんね。

比べない・気にしないことが一番

また、そもそも比べるということが間違っています。

比べない、気にしないというのが一番いいでしょう。

難しいことかもしれませんが、心の不毛な精神の消耗を避けるためにも比べない、気にしないように努めましょう。

資格を取る

自信をつけるために資格を取るのも有効です。

先ほど解説したので説明は割愛します。

大学を卒業してみるのもあり

よほど高卒にコンプレックスがある場合大学を卒業するというのも手です。

その場合、いわゆる普通の大学と通信制の大学の2パターンがあります。

通信制大学のいいところは時間的、金銭的にも比較的ラクに卒業できるところです。

しかしデメリットもあり、それは大卒でもコンプレックスを抱くことです。

「どこの大学出たの?」と聞かれたときのやはりコンプレックスを感じてしまうものです。

気合いを入れて普通の大学を卒業するにも、受験勉強で相当勉強しないといけませんし、学費で何百万円もかかり、時間的にも仕事を辞めなければいけません。

かなりリスクは高く相当の気合いがないと難しいのが現状で、そこまでしてやる意味があるのか疑問が残るところです。

社会の成績表は収入という考え

学歴コンプレックスに一番効果のある克服方法は収入を増やすことです。

社会に出れば収入イコール成績表みたいなものです。

収入とはどれだけ社会に貢献できたかという一種の指標なわけで、その数値が高ければ優秀ということとなります。

したがって収入を上げるというのは高卒の学歴でもコンプレックスを解消するのに最も適した方法と言えるでしょう。

だから高卒でも雇ってくれる高収入の企業に転職するのもいいですし、起業するのも手でしょう。

僕の友人で高卒のコンプレックスから逃れるために外資系の企業に転職した人がいます。

彼は2年間留学生活をし、帰国後に外資系企業に就職、何度かヘッドハンティングを受けて年収2,000万円になりました。

学歴だけでは到底2,000万円を超える収入を得ることはできませんよね。

年収2,000万円クラスになると学歴以外のビジネススキルが必要です。

もう一人高卒で高収入になった友人がいます。

年収は定かではないのですが相当もらっているようで、しょっちゅう家族で海外旅行をしています。

その彼は高卒を理由にいじめに会ったくらいひどい環境で働いていたのですが、「こいつらに勝つためには起業しかない」と思い、実際に起業しました。

サラリーマン時代に仕事での実績をあげ、人脈を作り、資金も作り、用意周到に起業したおかげで会社運営はうまくいっているとのことです。

このように留学等をして語学を身につけて武器を作ったり、起業するのは選択肢の一つとしてはありかもしれません。

あとは資格を取得して専門スキルが必要な職種に就くとか大学を卒業して大卒の仕事を勝ち取るとかでしょう。

しかし、ここで一度考えてみてください。

語学の勉強、資格の勉強、大卒などどれだけの時間やお金がかかるでしょうか。

時間は何年もかかるしお金もそれなりにかかるでしょう。

語学やそれなりの資格を身につけるのには何年もかかります。

大卒の資格も莫大なお金と時間がかかります。

しかも収入も数万円という微々たるものしか差がありません。

何がいいたいかというと費用対効果が悪いのです。

努力のわりにあまり報われないのが現実です。

では起業はどうかというとリスクが大きすぎます。

莫大な資金が必要だったり人脈も必要かもしれません。

ではどうすればいいのかというと副業をおすすめします。

副業ならば、すぐに収入になりますし誰でも始められます。

副業というとアルバイトを思い浮かべるかもしれませんが、そうではありません。

インターネットを利用した在宅のビジネスを始めるのです。

いわゆるブログ、メルマガを書くネットビジネスです。

ネットビジネスはまだまだ参入者が少なく、また比較的簡単に結果が出る世界です。

文章を書くだけなので簡単です。

勉強と実践合わせて三ヶ月もあれば成果は出ます。

そして半年、死ぬ気で頑張ればサラリーマンの月収を遥かに超える金額を稼ぐことができるのです。

資金はサーバー代、メルマガスタンド代、ドメイン代といったものだけで最初に15,000円程度かかるというデメリットはあります。

また、サーバー代とメルマガスタンド代の維持費用で毎月1万円程度かかります。

こういったリスクはあるものの、三ヶ月頑張れば成果が出て、さらには半年で大卒の人間よりも高収入が得られるのであれば頑張る価値は十分にあると思います。

何年もかけて語学を身に着けたりするよりもよっぽど効率的です。

資格を取ったり、大学受験するよりも遥かに多くの収入が稼げます。

また、資金がかかることにはメリットがあって、それは必死になれることです。

初期費用と毎月の経費は決して安いものではありませんが、それを回収するために頑張れるというメリットです。

人は無料でできるものには何も感じませんが、お金をかけているとなれば話は別です。

何がなんでも回収してやる!という気持ちになるはずです。

挑戦してみる価値は十分あります。

幸せかどうかが全て

ここまで学歴コンプレックスを解消するために様々な方法を解説してきましたが、いろいろとひっくるめていいたいことがあります。

それは、「人生は幸せかどうかが全て」だということです。

あなたが幸せだと思えれば学歴など関係ありません。

生き方、楽しみ、やりがい、生きがいなどが重要になってきます。

また、幸せの定義を深くは語りませんが、お金があればある程度幸せになれるというのも事実です。

お金があれば欲しいものは好きなだけ買えますし、食べたいものは食べたいだけ食べられますし、行きたいところにも何度でも足を運べますし、タクシーや家政婦さんを雇えば時間だって買うことができます。

時間を買えば、会いたい人には何度でも会いに行けるようになりますし、遊ぶ時間も増えます。

お金があれば、ある程度のことは何だって実現可能です。

ということは幸せになれるということです。

だから学歴を身につけたり、資格を取ったりするよりも自分でビジネスを始めてお金を稼ぐことはとても賢い選択なのです。

この記事を簡単にまとめると、高卒の学歴コンプレックスを克服する方法として、

学歴コンプレックスを指摘してくる人を避ける
学歴コンプレックスを指摘してくる人を見下す
自信をつけるための努力をする
社会の成績表は収入という考えを持つ
幸せかどうかが全て

でした。

以上のことがあなたのお役に立てることを願っています。