今回は「起業にアイデアは不要、誰でも起業できる時代」というテーマです。

この動画を撮ろうと思ったきっかけは、起業したいといっている友人がアイデアがないから起業できないと言っていたことがきっかけです。

友人にはアイデアがなくても起業できると言ったのですが、そんなわけないと話を聞いてもらえませんでした。

そんな彼は起業したいと言い出してから何年も経っていますが未だに起業していません。

で、彼の他にも起業にアイデアが必要だと思いこんでいる人がたくさんいると知ったのでブログを書こうと思いました。

もし起業したくてもアイデアがない、という人にお役に立てれば嬉しく思います。それではよろしくお願いします。

 

そもそもアイデアとは?

そもそもアイデアというのは既知情報の組み合わせでしかありません。

つまりはもうすでにある情報の組み合わせです。

誰も思いついていないアイデアというのはほぼなくて、もうアイデアというのは出尽くしているのです。

そういう誰も思いついていない卓越したアイデアは、天才やすごい頭のいい人が考えてひねり出したりひらめいたりするもので、一般人では到底卓越したアイデアを思いつくことはできないのが現実です。

 

しかし安心してください。

既知情報の組み合わせでもすごいアイデアというのは作り出すことができます。

例えばスマホも既知情報の組み合わせです。

タッチパネル、ゲーム、時計、電卓、カレンダー、インターネット、電話などが一つになったものがスマホです。

だから組み合わせ次第で、よいアイデアというのは生まれるのです。

他にも身近な例をあげるとパンもそうですよね。

パンとピザをあわせてみたり、パンとチョコをあわせてみたりと、これってただの組み合わせですよね。似たものだと中華まんもそうです、ピザまん、あんまん、チョコまんというのがあります。

つまりは、アイデアとは難しく考えるのではなく、何かと何かを組み合わせれば新しいアイデアになるというように捉えるといいでしょう。

アイデアが必要ない理由

起業には誰も思いついていないアイデアというのは必要ありません。

なぜかというと、誰も思いついたことのないアイデアは市場がないからです。

前例がないというのは市場がないしリスクが大きいというのが現実です。

誰も思いつかなかった全く新しい商品って、使ってみたところを想像できませんよね。

え?これってどうなの?という印象になってしまいます。

アイデアから生まれた商品が売れないということになりかねません。

だから誰も思いつかないアイデアは必要なくて、組み合わせして作ったアイデアの方がマーケットに受け入れてもらいやすいのです。

成功しているビジネスを真似るのが最適

誰も思いついたことのないアイデアがリスクが大きいというならば、既存のビジネスアイデアを真似るのが一番賢い方法です。

 

例えばラーメン屋さん。

ラーメン屋というビジネスモデルはすでにあります。

ラーメンという市場も非常に大きいです。

そこに参入するのは間違いではありません。

さらにいうと味も確立されているので、最初は成功しているお店で修行して真似てあとは、暖簾分けしてもらうか、その味をアレンジしていくかを判断して独立します。

 

こうすることでリスクが少なく起業することができます。

すでにあるマーケットですでに成功している味で勝負できるわけです。

最初からオリジナルでやるよりかは断然成功確率は高いですよね。

失敗のリスクが低いのは分かると思います。

だからあなたが起業したいと思っている分野で成功している人を徹底的に分析して起業するのが賢い方法です。

誰でも起業できる時代

今の時代は本当に誰でも簡単に起業できる時代になりました。

しかしながら、真似したいビジネスモデルが見つからないとか、やりたいことがないとか、志がないけど起業したいとかそういう感じならローリスク、ハイリターンで成功率の高いビジネスモデルで選ぶのが賢い方法です。

志、夢、やりたいことがないけど、とにかくお金を稼ぎたいなら効率を重視するんですね。

お金持ちになりたいとか自由になりたいとか、高級車に乗りたいとか高級マンションに住みたいとかそんな動機でも全然OKです。

どんな動機でもいいという理由は、資本主義社会のいいところは、どんな不純な動機であろうと社会に価値提供しなければお金は稼げないからです。

大金を稼ごうと思ったらそれなりの価値を社会に提供しなければいけません。

だから結果的に大きな社会貢献につながるのです。

 

で、真似したいビジネスモデルがないとか、やりたいことがないならば効率重視、ローリスク、ハイリターンで成功率の高いビジネスモデルを選ぶのが賢い方法です。

そんなビジネスモデルがあるのかと思うかもしれませんが、あります。

それはインターネットビジネスです。

ローリスク、ハイリターンで成功率の高いビジネスモデルには条件があって、それは小資本で始められる、無在庫でできる、利益率が高い、定期収入になる、人件費不要、家賃不要です。

これはホリエモンも推奨しているビジネスモデルで、これらの条件を満たしているのがインターネットビジネスです。

ビジネスを始めるときって何百万、何千万とかかるのが普通です。

ですがネットビジネスだと、1万円くらいで始められます。

飲み会2回分くらいの金額なので、ほとんどリスクなしといっていいでしょう。

 

それにアフィリエイトというものを利用すれば商品開発もいらないし、仕入れがないので在庫を抱える必要はありません。

アフィリエイトは広告代理業だからです。

仕入れがないので売上がほぼ利益になります。サーバーとドメイン代以外は利益なので超高利益率です。

一人でできるし、パソコン1台あればできるので家賃がかかりません。

在宅でできるので移動時間もないし、嫌な上司もいないし最高です。

こんな効率が良くてローリスク・ハイリターンのビジネスはネットビジネス以外存在しません。

売上も青天井で月50万、100万稼ぐ人はゴロゴロいて、数千万や億の世界に行く人もたくさんいます。

 

具体的に何をやればいいかというとブログとメルマガです。

これらは資産になって後々まであなたに利益をもたらしてくれるものです。

ブログは記事さえ投稿してアフィリエイト広告を貼り付けておけば365日24時間アクセスできる自動販売機です。

メルマガも原稿さえ用意しておけば自動で配信してくれるので、これも資産になります。

一度原稿を設定しておけば自分は何もしなくてもいいのです。

 

このようにインターネットで資産型ビジネスモデルを作るのがおすすめです。

で、50万円で少ないと思うかもしれませんが、
起業で勘違いしてはいけないのは、売上ではなくて自分が幸せになれるかどうかが重要です。

月500万円稼いでいてもプライベートな時間が持てないなら、それは豊かな人生ではありません。

資産型のビジネスなら自分があまり携わらなくても利益をもたらしてくれるのでプライベートも充実させることができます。

 

僕は人生は幸せになるためにあるものだと思っています。

仕事ばかりでは幸せにはなれません。だからこそ資産を構築していくべきだと思っています。

資産と聞くと株や不動産を思い浮かべるかもしれませんが、あれはビジネスで稼いだ人が次にやるステージのものです。

株や不動産では大きな種銭が必要です。

数十万、数百万では利益は微々たるもので自由にはなれませんし豊かにはなれません。

効率重視で考えるとやはりネットビジネスが最強なのです。

 

簡単にまとめると、起業にアイデアは必要ない、起業したいけれどアイデアがないという人は、成功しているビジネスモデルを真似する、その中でも資産を構築できるローリスク・ハイリターンのネットビジネスが最強、というお話でした。

それでは今回のブログは以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。