こんにちは、はんのとみひろです。

 

長い間うつ病と闘ってきた僕が、

1日13錠も飲んでいた薬の量を

2錠(2種類1錠ずつ)まで減薬に成功したお話です。

 

きっかけは整体に通うことになったことです。

 

ここまでたどり着くのには、

いろいろな薬を試して副作用があったりと大変でした。

 

副作用は、味覚障害、便秘、

モノが持てないほどの手の震え、声が出ない、

躁状態などたくさん経験してきました。

 

味覚障害は、不思議な感覚でした。

例えば、一言に「甘い」といっても色々な味で構成されていて、
どれが欠けても「甘い」にはなりません。

 

そのどれかに舌が反応しなくなっているので、

何とも表現できない不気味な味がしていました。

 

無味乾燥で機械的な、味と呼べるのかわからないような感覚でした。

 

便秘は人生初めての経験で、

別にお腹が痛くなったり便意もなかったので、

どこまで出さなくても大丈夫か実験してみました。

 

そうすると三週間くらいウンともスンとも言わず平気でしたが、

流石に怖くなって下剤を処方してもらいました。

 

一番つらかったのは、手の震えと声が出せなくなった状態。

 

文字が書けないし、しゃべれないので

誰ともコミュニケーションが取れませんでした。

 

そんなこんなで大変でしたが、

今は段々と自分に合う薬と出会えて、そこそこの体調で生きています。

 

ですが、波があり、体調がいい日はいいのですが、

悪い日は寝込んでしまうこともあります。

 

そんな状態の中、腰を悪くしてしまいました。

 

何がきっかけなのかはわからないのですが、

とにかく痛くて何もできない状態。

激痛で上手に歩けない。

 

腰痛とは無縁と思っていましたので、まさか、と思いました。

 

 

それで、整形外科に行って

レントゲンを撮ってもらいましたが、骨に異常は見られず、

筋肉に損傷もないので疲労が蓄積したんだろうと

診断され湿布を処方されました。

 

しかし2週間経過しても全く治らず、

もう一度診断してもらったけど原因が分からずで、

ネットで腰痛のことを調べると内臓に原因があるかもしれないという

記事を見たので、内科を受診しました。

 

CTと血液検査をしてもらったけど、

健康そのものだと言われ「ストレスちゃう?」と診断されました。

 

この時点で腰痛が発生してから、約三ヶ月経っています。

 

もう一度ネットで情報を調べると、

腰痛の80%は原因不明だということを知りました。

 

というわけで病院行く必要がなくなって、

さてどうしたものかと整体を思いついて、

良さそうなところを調べて整体に通うことにしました。

 

整体での診察と施術

すごく熱心な整体師さんで、最初のカウンセリングで

症状をしっかりと聞いてくれて安心しました。

 

次に腰が痛くなるメカニズムの解説をしてくれました。

 

腰の痛みの原因は、腰にあることは少なく、

体の歪みやストレスによって体中の

様々な筋肉が凝り固まって血管や神経が圧迫され、

それが痛みの神経を伝って脳に「腰が痛い」と知らせるんだそう。

 

ケガなどの場合、痛む部分に原因があるけど、

腰痛の場合は、体の歪みや固まった筋肉が神経を邪魔して、

うまく脳にどの部分が原因なのか伝えられないため

腰に痛みが感じるんだそうです。

 

なので腰痛のほとんどが

原因をつときめられないってことらしいです。

 

それで、施術を開始したわけですが、

すでに三ヶ月も改善しない腰痛なら、

根が深いということでしばらく通わないと治らないと言われました。

 

保険が効かないので、一回5,500円…

 

毎回、体のどこが原因か探りながら施術をし、

また探って施術をしての繰り返しです。

 

痛みは緩やかに消えていったのですが、

これは施術によるものなのか単純に自然に治っているのか

よくわからない状態が続きました。

 

さらに施術を受けるたびに、背中が悪い、

背骨が悪い、肝臓が悪い、アキレス腱が悪い、膵臓が悪い、

脳が悪い、肺が悪いとか毎回違うところを指摘されて、

このまま通っていいのか?と。

 

骨や筋肉が悪いと言われるのは理解出来るけど、

肝臓とか膵臓とか脳とか肺とかは、ちょっと違うんじゃないか?

 

と素人の僕も思ったけど、そんな疑問を口にすることもなく、

通いだして6回くらい通った頃、

 

「もしかしてうつ病じゃない?」と言われて、

そんなこと一度も話したことないし、

そう思わせるような言葉も使っていなかったので驚きました。

 

うつ病だと伝えてなかったのになぜ分かったのか?

腰痛やその他の体の痛みを訴える患者には

一定数のうつ病の人がいるそうです。

 

そういう人は体の歪みや凝り固まった筋肉のせいで

自律神経が圧迫されて、うつ病の症状が出るんだそうで、

体を触っているうちにうつ病かどうかが分かるそうです。

 

うつ病になる人の入り口は様々です。

僕の場合は、会社員時代の激務とパワハラによるストレスが原因です。

 

ストレスにより筋肉が長期間緊張状態で、

そのまま自律神経がおかしくなって、うつ病を発症したんだと思います。

 

負のスパイラルで、うつ病だから姿勢が悪くなったりして、

さらに筋肉が凝り固まったり歪んだりして

症状が出たり悪化したりするんだそう。

 

体が歪んでいるため内臓にもダメージがあるそうで、

整体の先生いわく、腰を入り口に内臓を調べて

うつ病が原因では?とたどり着いたんだそうです。

 

薬も内臓に負担があるわけで、

薬は一時的にはいいけど、長期になると、内臓が悲鳴を上げるようです。

 

ずっと長い間薬を飲み続けてきて、健康な人と同じ状態、

つまり「普通」にまでは回復できなかったのは、

もしかしたら、体の歪みや凝り固まった筋肉で

自律神経がやられっぱらしだったのが原因かもしれません。

 

歪みを直し、筋肉をほぐし、内臓への負担を減らせば、

薬に頼らなくてもよくなる、ということです。

 

僕の場合は腰自体も悪かったので、

それはそれで治しつつ、うつ病に影響がある歪みや筋肉もほぐしていきました。

 

同時に自宅でできる体の歪みを直すストレッチも教わりました。

 

ストレッチは個人個人やり方が変わるそうで

僕の体に合う方法を教えたくれました。

 

そこから寝込むほどの体調になる回数や時間が過ごし方減りました。

 

心療内科の主治医からは

早速薬を減らす提案をされ、驚きつつも同意しました。

 

診察のたびに少しずつ処方される薬が減っていき、

整体に通いだしてから約5ヶ月で13錠から2錠になりました。

 

減らしても、さほど体調に影響はないようで、

飲む意味がなくなってきた形です。

 

薬が減らせたことは、本当に嬉しいです。

 

でも、怖い気持ちもあります。

以前、体調が良くなったと勘違い(薬が効きすぎて躁状態)して

自己判断で断薬したことがあって、

そのあと数ヶ月も寝込むほど悪くなったことがあったからです。

 

だから予断は許さない状態ですが、今のところいい感じで、

長いトンネルから抜け出せそうな希望を感じられるようになりました。

 

早く普通の人と同じように、海外に旅行してみたり、

スポーツジムに通ったりできるようになりたいです。

 

この記事は、うつ病で苦しんでいる方に

少しでもお役に立てればいいなと思っている、記事にしました。

 

もし、うつ病がなかなか治らない、薬が減らせない、

と悩んでいるのでしたら整体も選択肢として視野に入れてもいいと思います。

 

ですが、これはあくまでも僕のケースなので

整体に通うのは主治医と相談した方がいいと思います。

 

また、僕の体験は事実ですが、僕は専門家ではないため、

整体師さんの言っていることが正しいのかも分かっていません。

 

整体もたくさんあるし、整体師さんとの相性もあるので注意が必要です。

 

それに整体は保険が効かないため、かなりのお金がかかります。

 

ただ、同じように苦しんでいる方に

少しでも希望が見つかればいいなと思います。